日本公共政策学会

『公共政策研究』第9号(2010年2月) 

目次

巻頭言:

  • 「既得権交代」としての政権交代=松原 聡

基調講演:

  • 公共政策とオーラル・ヒストリー=御厨 貴

小特集 政策と議論:

  • 小特集にあたって=(2009年度年報委員長)飯尾 潤
  • 公共的言説としての公共政策──政策的思考と政治的思考=足立幸男
  • 議論・調整・決定─戦後英国における執政府中枢の変容=高安健将
  • 国会議員の政策争点態度とイデオロギー=竹中佳彦
  • 国会審議からみた国会法改正──いかに議会制度は選択されるのか?=増山幹高

論文:

  • 官庁・利益集団・政権党の戦略的相互作用──著作権法全面改正の政治過程=京 俊介
  • 住民投票の実施目的と投票結果の傾向──市町村合併に関する事例を対象として=脇坂 徹
  • 自治体計画におけるガバナンスと情報──市町村地域福祉計画を事例に=荒見玲子
  • 教育支出における効率性の測定と要因分析=橋野晶寛

研究ノート:

  • 国家公安委員会による警察庁の「管理」について=荻野 徹
  • 日本における自動車税のグリーン化の政策過程と政策変容=伊藤幸喜

【学界展望】(2008年1月~12月)=片山泰輔

【2009年度学会賞の報告】2009年度学会賞選考委員会







日本公共政策学会事務局
〒441-8522 
愛知県豊橋市町畑町1-1 
愛知大学 地域政策学部 
野田研究室
E-mail:jimukyoku@ppsa.jp