日本公共政策学会

『公共政策研究』第8号(2008年12月) 

巻頭言:

  • 国際環境ゲームの政治算術=細野助博

特集テーマ:

  • 「環境サステナビリティの実現をめざして」のねらい=2008年度年報委員会

特集論文:

  • 環境サステイナビリティと公共政策=植田和弘
  • 持続可能性への移行=オラン・ヤング(訳:錦真理,小野田勝美,新澤秀則)
  • 国境を超えるNGOネットワーク内に生じた異なるフレイミングとネットワークの有効性=松本泰子
  • 炭素市場と制度形成=髙村ゆかり
  • 欧州における再生可能エネルギー政策の展開=大島堅一
  • 環境被害ストックに対する総合的な公共政策=尾崎寛直
  • 都市のサステイナビリティと環境=原 圭史郎

論文:

  • 知識と政策転換=秋吉貴雄
  • 総理主導の政治における諮問機関の役割=高橋 洋

研究ノート:

  • 行政評価制度の衰退とその要因に関する分析=三牧直美
  • マニフェスト導入の日韓比較=河東 賢

書評:

  • 富野暉一郎・早田幸政編『地域公共人材教育研修の社会的認証システム』=足立幸男
  • 鈴木庸夫編著『自治体法務改革の理論』=提中富和

【学界展望】(2007年1月~12月)=宇佐美 誠

【2008年度学会賞の報告】2008年度学会賞選考委員会

日本公共政策学会事務局
〒602-0047
京都市上京区
新町通今出川上ル
同志社大学 政策学部 
武蔵 研究室
jimukyoku@ppsa.jp