日本公共政策学会

『公共政策研究』第7号(2008年2月) 

目 次

巻頭言:

  • 科学技術政策の現場  薬師寺泰蔵

会長基調講演:

  • 地域民主主義の再構築に向けて -現状と課題- 森脇俊雅

学会記事:

  • 特集テーマ 越境するガバナンスと公共政策 山本武彦

特集論文:

  • ガバナンス時代における政策手法に関する考察 -越境する政策手法- 風間規男
  • ガバナンスと国連千年紀開発目標 -ワン・ユーエヌ指導下の8カ国の実証分析-

 猪口 孝・三上 了

  • テロリズムの越境拡散と安全保障の公共政策 加藤 朗
  • 越境する日本の安全保障貿易管理 城山英明
  • 国際関係における越境問題の位相

 -日本の外交安全保障政策アジェンダ・セッティングの根本的誤謬- 坪内 淳

  • トランスナショナル唱導ネットワーク(TAN)の限界

 -「ブーメラン効果」に対抗する as if 的行動と時間要因試論-  宮脇 昇

  • GATS枠内における日独のテレコムサービス自由化 縣 公一郎
  • 持続可能な地域社会のための財政調整システム

 -新たな公共価値に適合する地方交付税改革に向けて- 人見泰生

論文:

  • 機関委任事務の「廃止」と地方六団体 -「アイディアの回路」と「政治の回路」の視点から

 - 木寺 元

  • 中央政府の財政再建と地方分権改革

 -地方分権改革推進会議の経験から何を学ぶことができるか- 砂原庸介

研究ノート:

  • 健康・運動教室参加の意思決定に関する要因  堀 真奈美
  • 「税制の政治」は変わったのか、変わるのか -小泉政権とその後- 松田憲忠

書評:

  • 水口憲人『都市という主題-再定位に向けて』 佐々木信夫
  • 秋吉貴雄『公共政策の変容と政策科学-日米航空輸送産業における2つの規制改革』 福井秀樹

学会記事 :

  • 学界展望(2006年1月~12月)  宇佐見 誠
  • 2007年度学会賞の報告  2007年度学会賞選考委員会
  • 学会賞 /執筆者紹介 /投稿規定・執筆要項 /会則 /英文サマリー /バックナンバー案内 /編集後記 /年報委員会メンバー紹介 /学会記事







日本公共政策学会事務局
〒441-8522 
愛知県豊橋市町畑町1-1 
愛知大学 地域政策学部 
野田研究室
E-mail:jimukyoku@ppsa.jp