日本公共政策学会

『公共政策研究』第6号(2006年12月) 

目 次

巻頭言:

  • 政策決定と政策分析の間 植田和男

学会記事:

  • 特集「政策の総合調整」をめぐって 御厨 貴

特集論文:

  • 内閣法制局の国政秩序形成機能  大石 眞
  • 政治家と行政化のはざまの司法権――再興裁判所1950~1960―― 牧原出
  • 経済財政諮問会議による内閣制の変容  飯尾 潤
  • 「特定総合調整機構」としての綜合科学技術会議

 ―「予算による調整」と「計画による調整」をめぐって― 伊藤正次

  • 省庁間の調整システム

 ―橋本行革における提案と中央省庁再編後の実態について― 藤井直樹

  • 戦後日本の公務員制度における職階制―制度に埋め込まれた(反)調整原理―  金井利之
  • 政策調整の法律学―コンパクトシティー構想を題材として―  大橋洋一
  • 自治体における政策調整の構造的課題、―動物愛護管理行政を素材にして― 打越綾子
  • BSE問題におけるリスク認識と事前対応

 ―制度組織型リスクの増幅と減衰という観点から― 手塚洋輔

論文:

  • 競争入札の有効性

 ―情報システム調達入札における事業者の戦略的行動の定量的分析― 福井秀樹

研究ノート:

  • 導入教育としての政策デザイン論  高橋克紀
  • 産学連携の政策過程―技術科学大学の設立を事例として― 二宮 祐
  • 情報流通構造の「政策ネットワーク分析」―エコマーク基準策定を例として― 平原隆史
  • 公共事業における草の根運動の成功の要因―地下鉄8号線建設を事例として― 山田千絵

書評:

  • 新しい政策対応と政策の慣性―世界銀行のダム政策と世界ダム委員会の報告から―  瀬藤聡彦
  • 北川正恭・縣公一郎著、総合研究開発機構編

 『政策研究のメソドロジー――戦略と実践――』 真山達志

  • 細江守紀・三浦功編著『現代公共政策の経済分析』 長峯純一
  • 田口一博著『一番やさしい政策法務の本』 大久保規子

学会記事 :

  • 学界展望(2005年1月~12月) 伊藤恭彦
  • 学会賞 /執筆者紹介 /投稿規定・執筆要項 / 会則 /英文サマリー /バックナンバー案内 / 編集後記 /年報委員会メンバー紹介







日本公共政策学会事務局
〒441-8522 
愛知県豊橋市町畑町1-1 
愛知大学 地域政策学部 
野田研究室
E-mail:jimukyoku@ppsa.jp