日本公共政策学会

『公共政策研究』 第 16 号 (2016年12月) 


巻頭言:

  • 「制度改革について考える」 = 後房雄

特集 公共政策と民意

  • 特集テーマ「公共政策と民意」2016年度年報委員会を代表して = 松田憲忠
  • 政策過程の研究のなかの公衆-政策フィードバック論の地平- = 森道哉
  • イシュー・セイリアンスと刑事政策-「ポピュリズム厳罰化」と「民意なき厳罰化」の政治過程 = 京俊介
  • 公務員の対応、サービスの業績、市民の満足度 = 野田遊
  • 政策評価と民意 = 窪田好男
  • 公共政策のデザイン・決定・実施・評価は民意に沿ったものでなければならないのか? = 足立幸男

論 文:

  • 共管法の研究-環境法を業所管省が所管する法律上の趣旨- = 永見靖

資料等:

  • 中核市・特例市に対する制度移行の効果と課題-東日本5市の比較研究- = 爲我井慎之介

書評:

  • 宇佐美誠編著『グローバルな正義』 = 佐野亘
  • 奥井克美著『経済体制の公共選択分析』 = 細野助博
  • 原彬久著『戦後政治の証言者たち オーラル・ヒストリーを往く』 = 竹中治堅
  • 平野浩著『有権者の選択 日本における政党政治と代表制民主主義の行方』 = 濱本真輔

【学界展望】(2015年1月~12月) = 後房雄

【2016年度学会賞について】2016年度学会賞選考委員会

執筆者紹介 / 投稿規定 / 会則 / 英文サマリー  バックナンバー案内 / 編集後記・追記 / 2016年度年報委員会メンバー紹介







日本公共政策学会事務局
〒441-8522 
愛知県豊橋市町畑町1-1 
愛知大学 地域政策学部 
野田研究室
E-mail:jimukyoku@ppsa.jp